横浜市にある優良コウモリ駆除業者をご紹介いたします。

コウモリ駆除歴20年・駆除後3年間もの再発保証を付けるコウモリ駆除の達人業者です。

コウモリ駆除は費用が高くなる傾向にあるため、不当な請求をされたり、不完全な駆除で再発などトラブルが多いため、駆除歴が長く横浜市内にある地域密着の業者を選ぶと安心です。

横浜市のコウモリ駆除を対応するおすすめ業者をご紹介します。 コウモリ駆除後3年間の再発保証付きの優良業者です。

横浜のコウモリ駆除
168イロハサービス

横浜駅そばに拠点を構えるコウモリ駆除業者です。
駆除歴20年・最長3年の再発保証付き。

〒220-0004
横浜市西区北幸1丁目1-8 エキニア横浜5階

横浜市のコウモリ駆除は3年間の再発保証付き

コウモリ駆除を行っても、コウモリが戻ってきたり、別のコウモリが侵入してくるなど、コウモリ被害が再発することがあります。
万一、同じ場所にコウモリが再侵入し、被害が再発しましたら無償で何度でも対応いたします。

保証期間は長いほど安心できると考えています。そのため、半年や1年の保証ではなく、3年間の長期保証をしています。
長期間の保証を前提としているため、横浜市隣接のエリアに限定させていただいております。

神奈川県のコウモリ駆除は3年間の長期保証の当社にぜひご相談ください。

コウモリは横浜市内の一戸建ての隙間に侵入

横浜市では一戸建ての住宅地でコウモリ被害のご相談が多く来ています。

一戸建ての屋根裏、軒下、雨戸袋、換気扇などにコウモリが侵入して寝ぐらにしたり、巣を作ったりしています。
わずか1cmの隙間があれば、コウモリは侵入することができるため、家の経年劣化などによるわずかな隙間を狙って入り込んできます。

特に多いのは換気扇の通風口です。家の外に向かって空気を排出する通風口の隙間からコウモリが出入りしますが、多くの方は気付きません。換気扇通風口の下にフンが落ちているのを見つけて初めて何かが通風口に入り込んでいると気付きます。

そのままコウモリの出入りを放っておけば、換気扇の中で子を産み、巣となり、気づいた時には大量のコウモリとフンが溜まっている状態となります。

コウモリの体に様々な病原菌を持ち合わせていますし、フンも放置すればゴキブリやダニの発生源、カビや菌の繁殖にもつながりますので注意が必要です。

コウモリの追い出しだけでは再発します

コウモリは巣に戻る本能(帰巣本能)がとても強いため、コウモリを追い出しても、しばらくすると戻ってきて、また出入りを始めてしまいます。

侵入経路を封鎖しても、どうにか元の場所に帰れないかしつこくそばにコウモリが留まり、侵入できるかどうか試すほどです。

そのため、コウモリが全て出払ったタイミングでフンの掃除や消毒、侵入口の閉鎖を一気に手際良くやる必要があります。

コウモリが出入りする箇所は、家の屋根や2階など高い位置であったり、換気扇や通風口など空気の通り道の場合は、空気が通るように隙間を塞ぐ必要があります。
状況に合わせた道具や資材が必要なため、素人では大変難しい作業となります。
特に高い場所の場合は大変危険です。
コウモリが出ていっても、すぐに戻ってきて慌ててケガをする場合も考えられます。

また、コウモリのフンや死骸を片付ける必要もあり、菌やウィルスの心配もありますので絶対に素手で触ってはダメです。

コウモリ駆除に慣れた専門の駆除業者が適材適所に合わせた資材と道具でコウモリ駆除と侵入口を封鎖していきます。
特に再発が無いようにしっかりと隙間なく閉塞していきます。